Featured., MOVIES.

2017/03/18

『君の名は。』ヒットへの感想

新海誠さんのアニメ作品。長編を2014年くらいから製作中であるということから話題になっていた。
ジブリ出身で千と千尋の髪隠しでも作画監督をしてる安藤雅司さんが作画監督を担当。
徹底的に新海誠が描きたいだろう背景を描きまくったような作品に仕上がっている。

そしてこの映画の必要パーツはRADWINPSの楽曲だ。これまでの楽曲より練り上げられてると感じるのは作品ありきで書き上げられてるから全ての人が同じ気持ちで聞けるというところがあるのかもしれない。

タイミングも絵に曲があっているというより、ちゃんと適合している。なんどもコンテを書き直して互いに合わせているんだろな。

というわけで私の感想はRADWIMPSの長編ミュージッククリップという感覚で、そのSFストーリーも出来合いのラブストーリーよりも緻密に描かれた背景と思春期の心とRADWIMPS。

これだけで世界ヒットへ。新しいことが薄くうまく機能したんだろうな

これは制作プロデュースの川村元気さんの力だな。

いい映画とかいいアニメとかいえないけど

うまいよ。

君の名を 今追いかけるよ

うん。まいった