Life hack.

2017/11/29

MacbookAir 2011(mid)のバッテリー交換

一番いいものを頼む。

MacbookAirを2011年を買ってからもう6年は経っているんですね。
まだまだ現役。
1.8GHz Intel Core i7/256SSD

とても安定しているいい相棒。ちょっと画面が薄くなってきてそろそろ寿命もみえてるなか、さすがにバッテリー利用が1時間くらいとなってしまってました。
飛行機の中でパチパチしてたら終了しちゃうということ、ついに15%残してもパチンと落ちてしまったりするようになり不便だなぁと。充電回数も折り返し地点。完全充電時の容量が見るたびに変わってしまうということはそれだけバッテリーが不安定になってきている証拠。PARMリセットで前は交換修理マーク消えたけど今夏一は消えなかった。つまりそろそろ危ない証拠。

「バッテリー交換修理」はAppleに持ち込めば1万ちょっとで行える。
ところがなかなか行く機会もないし、液晶もそろそろだしということで延命処置で非純正をポチっておきました。

おっと、容量が7200と大きくなっている。
レビューによると若干厚みがあるとか、サイズ感が微妙に違うとかあるので気をつけなきゃとおもっていた。

保証もあるしまぁよいか。

ドライバーもついてたので簡単に取り替えれました。
ケーブルを抜くとき、刺すときを気をつけるのとエアダスターで5年ぶりに開いた中を掃除すべし。。。めっちゃゴミがつまってました。

ネジはちゃんと対比しておいておくと後で間違わないです。

 

 

無事起動しましたとさ。

文字ベースや企画書仕事には十二分。画面ちょっと狭く感じるけど