Dive., Featured.

2013/06/26

Spotify(スポティファイ)がまもなく日本へ?


一枚から1曲、そして1再生に変わる音楽

AppleがItunesを出した時。Jobsは確かに音楽業界のフォーマットを書き換えた。
CD1枚で売るビジネスから1曲毎に売るビジネスに変えた。
しかも利益と権利だけを固めた高い価格帯が、デジタル・デバイドな若者にとってコストが無料に近い違法ダウンロードを促進したとまで言い放ち99セントから始めた。

若者は音質が良くてイライラしない、確実に手に入るホンモノを曲単位でダウンロードするようになった。
しかしそれでも違法ダウンロードに悩まされていた。

Spotify(スポティファイ)はスェーデンで生まれた。
新しいストリーム技術によってダウンロードせずに高速で高音質な音楽を提供する。
しかも定額。むしろ月10時間なら無料。有料といっても月$5(スマホ対応で$10)程度。
聞き放題となるとユーザは曲のリコメンドを加速し、あたらしい土壌となっていく。
日本ではシェアの7割が権利団体をかまえてるためだろう。
もう少し先になりそうだ。

現状、アーティストは1曲再生当たり0.4円程度の報酬を得ることができるそうだ。

似たサービスではPandora Radio(日本からアクセス出来ない)
これはラジオベースで曲からセレクトしてラジオDJを行うこともできる。
再生される毎にアーティストにお金が支払われるのもビジネスモデルは一緒だろう。

全体の売上規模は下がっている音楽ビジネス。
その一方で個々へのシフトが加速している。
大きなヒットこそ減っても、ファンとの交流が増え、より濃いコミュニティが生まれていく。

レコード、CDはもう所持する意味を変えている。
一枚ではなく1曲、そして1再生。 その1再生を束ねイベントや所持としてのCD販売、ライブへ。
これがいまアーティストが動いてる流れのようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください