Life hack., Products

2018/04/22

Xperia ear duoレビュー。外も中も聞こえるということ


外の声も聞こえるヘッドホンとしてambieが有名だ。耳に挟む形で耳の穴を塞がず、空気で届ける形になっている。

音が送り込まれてくる感覚と装着感に慣れはあるとおもうが、音漏れが結構あるので実用的というよりも選択肢があるなぁという感想だった。

そして本命、Sonyが出したXperia ear duoだ。

耳の奥へ音を届ける。全く密閉しないでそおっと耳の奥に音楽を届けてくれるイヤホンといえる。

耳を塞がないので外の音がそのまま聞こえる。もちろん音楽ボリュームによって会話は難しくなってしまうこともあるが、頭の奥に流れるくらいの音量設定であれば日常会話は全く問題ない。しかも音漏れはしない。

驚くことに最大ボリュームにしないと音漏れは無いとおもえる。

密閉されないので低音の感覚は悪い。それは個性というかニーズが違う。日常的に耳につけておいてもよい新しい企画を作ったといえよう。

音楽はなるけど耳は外の音を捉えるという新感覚派つけた人たちみんなを刺激する。

Xperia ear duoを装着するには最初戸惑う。これまでつけたことのない付け方だ。補聴器とも違う独特の付け方だが、メガネに干渉もせず、イヤリングも一般的な位置ならぶつかりにくいだろう

装着すると優しいポーンというサウンドのあとに「コネクティッド」とメッセージも流れる。しかし外の音は聞こえたままだ。耳に多少の重さがあるだけで何も日常と変わらない。スマートフォンで音楽をかけると、耳の奥に音楽がそっと置きはじめたように鳴らしはじめてくれる。この感覚はびっくりするだろう。

音楽をしっかりと、そして集中して聞きたい人には全く違うイヤホンを推奨するとしよう。では、どんな人がこのイヤホンを使うのだろうか。

仕事中ディスクワークが多いけどコミュニケーションも外せない人。ランニングやウォーキングにはぴったりだ。

車の音、足音も全て聞きながら音楽を忍び込ませてくれる。これまでのない感覚はホームコンピューティング、スマートスピーカーが身近にいることを体験できる。
メッセージやニュースの音声朗読やSiri(iphone)ももちろん対応。
androidであればニュースやLINEなどをいろいろ音声で呼び出せる。

感動はマイク部分にもある。外のノイズをへらし声をしっかり拾っている印象だ。
安いケーブルイヤホンより音質がよく、電話もしっかり聞こえているというからびっくりだ。むしろ騒音で相手の声が聞こえない!ということもあったほどだ。

では残念なところはどこだろうか

電車の中では外のノイズが多すぎて音楽は全く聞こえない。
※アダプティブボリュームコントロールをオンにすると、周囲環境に合わせて音量を変えてくれる。これにより電車の中でも割と聞こえる。音漏れには注意だが。

飛行機の中も同じように大きなノイズがあるために不向きに感じた。
マイクは優秀でも外での通話は相手は聞こえてもこちらが聞こえないという不思議なことも起こる。
そして電池が4時間程度と短いのも悔しい点だ。

別売りで紐が売っており首からかけたりできるのだが、イヤーパッドをとって接続する必要がある。紐がついてると充電のケースの蓋ができないので注意だ。

※訂正。紐はそれぞれ外せるようになっており、入れることができた

音質にこだわる人には向いていない。
そうしたことを言っても、いつでもSiriが答えてくれるという完全なSF体験は味わえる。歩いてる時に道の方向も教えてくれる。ながら活動が新しい一歩をつくってくれるだろう

アプリケーションやファームウエアのことを考えるとまだまだ拡張の余地はありそうだ。