Life hack.

2014/11/03

Mac Safariなどブラウザ乗っ取りアプリを削除する


こちらは2014年の記事、アプリは別な形で提供されているようです> https://www.malwarebytes.com/mac/

ちょこちょこっと相談があったので入れておきます。
Macで不用意なアプリケーションのインストール、特に多いのが

Macの速度が速いだ遅いだのバナー
あなたのMacが不調であるといいつつインストールを行う
音楽?などが無料といいながらDMGでインストールを狙う
動画変換アプリが無料!

こんな胡散臭い広告とアプリが増えているようです

こうしたアプリをインストールしてしまい、その機能もないことに愕然ならまだしも、インストールには裏があり、ブラウザを乗っ取ってしまうのが増えているようです。
さてさて、ブラウザが勝手に広告ひらいたりサイト誘導されたり、クリックしてもどこかへ移動してしまうという症状がでるようです。

TSM Adwareとよばれて、Safariやchromeの動作に書き換えを行う不逞野郎です。
Googleの検索結果の広告枠を乗っ取って自社の商品をだしたり、他の広告までだすなんてすごいなぁーとおもいます。

Appleのディスカッションでもでています。
いろんな種類があるようですね
緑のリンクとポップアップが表示されるようになった
https://discussionsjapan.apple.com/message/100843398#100843398

で削除アプリなんですが、TSM Adware Removal Tool が便利です。
http://www.thesafemac.com/art/
ここにあるのですが・・・なんと問題のアプリで書き換えされてるとダウンロードできない!というので
このURLをコピペして強制的にダウンロードしてみましょう
http://www.thesafemac.com/downloads/TSMART.zip

ブラウザをすべて終了してアプリをクリック、deleteを押してMacのパスワードを入力してフォルダの操作をOKにするだけです。少し時間かかるけど削除されるのでゴミ箱をきれいにしましょう。以上です。

Macはセキュリティうんぬん、ウイルスうんぬんという話はよくありますが、こうしたアドウェアはブラウザの拡張機能を利用していて一般領域ではなくFLASHプレイヤーなどの裏側でのインストールを行いブラウザの標準機能のように振る舞います。まったくインストールに気がつかないと情報を吸い出されたりも・・・という可能性がでちゃいますね。
おそろしい(一応同意なしに送信は難しいんですけどね)

同じ広告がでる、勝手に広告が開くなどの心当たりがある方はTSM Adware Removal Toolをおためしあれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。