Code10 Backpack 長期レビュー


Code 10 Backpakを2年ほど利用しています。
その記事はここにあります。
https://samuraidna.com/products/984

Kickstarterから2年、Code10のBackpackの長期レビューを

最近驚くほど偽物、またはデザインコピーの機能性BackPackが出回っている。
ネットショップで買うときはご注意を。

毎日のようにに使ったので色々ガタがきている。
とはいえ、すでに東急ハンズでも販売されるメジャー商品となり防水で鍵チェーン付きの魅力的なBackpackをあらためて紹介したい。
また、Code10のサイトをみると、バージョンが2.0くらいにアップデートされているしね!


まず改善点は、多く含まれるので最後に紹介。

このカバンは見た目によらず1.35Kgと機能の割には軽量な方に当たる。
Waterproofになっており完全防水を歌っている。
本当にこの2年間、中が濡れたことはない。

いちばんのお気に入りポイントはボリューム。
カバンには2泊の着替え、ノートPCと資料が入る。
もちろんカバンはパンパンになってしまうが十二分の量。
およそ20リットルが入る大きさだ。

丈夫に作ってるはずなんだけど、いくつか不具合も起きた。

チャック部分のワイヤーが切れてしまい相談したらワイヤーだけ送ってきて対処ができた。
背面の隠しポケット(キーチェーンが入ってる)の隙間が破けてしまった。(使わないから問題ないが)
インナーのノートPC入りができる部分、内部の糸がほつれてしまいぐちゃぐちゃになってしまった。
Kickstarterで100ドル程度で購入もしていたため不満といえるほどでもない
しかし2年間も本当に満足できるクオリティだ。

こうしたものは、最近改善されているようだ

久々にCode10のサイトをみたらBackPackは改善点を乗り越えアップデートされている。

・ボトルを入れるスペースが後付けメッシュからWaterporoof構造と一体化してシンプルに。
・同時にキーチェーンがループタイプになり背面上部の入り口がサイドに変更。
・BackPackのベルトにあるカードホルダーにはゴムバンドがついてカードが飛び出ないようになった。この部分にカードを入れると全力で落とすのでやっと使えるようになった。
・スーツケースへのホールド用のバンドも別についた。これで肩掛けを調整せずにホールド可能へ。

(正直言えば買い直したいくらい羨ましい)

Kickstarter案件は出して終わりも多いと思いますが、結構売れたのだろうか。
アップデートや違うバージョンもずいぶん出た。

ではどんな問題が起きたかを簡単に言おう。
構造がリュックなので、上から物を入れる。
となると、カバンの中身がぐちゃぐちゃになってしまう。
着替えや仕事道具、モバイルバッテリーや名刺や財布などが上に積み重なると
取り出しの利便性などそもそも論として不便だ。
messengerタイプのように大口でサクッと開いてみることができない。
なので大量荷物は不向きといえよう。

しかし水に濡れないは信用できるのでオススメしたい。
最近似た感じのものも増えてるがやはり構造が雑だったりする。
長年Cote&Cielを何個も愛用していたが雨で濡れてシミになったり、中身まで濡れることが多くあった。
そうしたことを気にせず使えるのはありがたい存在だ。
でこのBagは引き続き使うのだが、出張向きの一個を探し続けてついに見つけたので次回紹介したい

Code10 Backpack 長期レビュー” に1件のコメント

コメントは受け付けていません。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る