TRAVEL.

2012/08/19

Priusプラグインハイブリッドでドライブ


よくできてるなぁ。

プリウスはリッター30キロから40キロ走る。とてもいい車。ただしバッテリー駆動はせいぜい数キロで基本ガソリンで走る。それでも2倍以上の燃費向上という新しく難しい技術をつかった未来カーだ。

完全電気自動車であるLeafは、電気だけで150キロ走る。バッテリーだけなので充電がキモになる。そのため走行距離が短い。

プラグインハイブリッドは、 その両方の良い所をとっているわけ。電気で走る距離を伸ばしつつ、バッテリーがなくなれば充電しながらエンジンを回す。容量が多いので全部充電はできないのでそこはコンセントから。40kmくらいはバッテリーだけで走行できるので街乗りは電気自動車となるんですね。

もちろんスイッチでhybridにすることも出来るので好みで楽しめる。
パワーモードはすぐにエンジンに火が灯り、追い越しなどスムーズに行えるし
エコモードならゆっくりと静かに走り続けられる。
電気モードは 完全に電気自動車になり、スゥーっと静かに走り続ける。
なんとも奇妙な車だけど、普通のプリウスよりもPHVはチューニングされているように思える。
バッテリーもリチウムということでパワーも全然違うようだ。

トヨタ式hybridは一般的に100万くらいプラスになってしまう。PHVはさらにさらに高くなる。
高級車レベルでプリウスに乗るのか?という問題に、充電設備という問題、色々考えなきゃなりません。

それにプリウスは空気抵抗もタイヤ抵抗など燃費向上に徹底的に行なって出来ているわけで一般の他の車に簡単に乗せれば同一水準になるわけではない。

しかしね。このような車が売れることで、よりよい未来が近づくと感じる車だとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください