高機能バックパック Code10 Commuter 新作登場


前回紹介したCode10 Backpackの不満点と最近のアップデートでいいかんじというのはお伝えしたところですが、Kickstarterでこっそりっと新作が発表されておりポチっていたものがとどいた(そして2ヶ月は使っている)

新作の写真いくつかとったんですがこの画像を見て欲しい。

どうでしょう。整理整頓の仕切りが入りつつ開きやすくなっているのがわかるでしょうか。

前のCode10 Backpackよりも少し小ぶりで、もともと入れていたのスリープにMacbookが入ってたり名刺が2ケースあったり、ケーブルやらナンやら突っ込んでます。スリープ取り外すことがないんですよね。面倒で。

新作は各スリーブに入りスムーズ。電源入れている部分は裏にチャックがありさらに全体が使えるのですが、そこには2泊分程度の下着などいれても余裕がある!という驚きのスペースです。上のアニメみてね。

今回はメッセンジャー斜めがけにBackPackの背中、しまっちゃえばブリーフケースちっくにできます。Code10 BackPackに比べ拡大率はありませんが、コンパクトに整頓できて大満足。キャリーケースホルダーもちゃんとついてます。

もちろんキーチェーンもついててロックもできました。

今回は完全防水はもちろん、とっさにナイフで切られても切れない!というCutproof Material対応。というわけで、いくつか日本のクラウドファンディング海外からまとめ買いとかもで始めてるCode 10 Commuter。なんかいいかもです。

オフィシャルサイト

事件に巻き込まれてナイフ振り回されたら盾がわりに、突然、海に突き落とされたら浮き輪がわりに、相手を拘束するときはキーチェーンつけるときも外せないカバンですね!

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る